ペナン島 ザシップ THE SHIP スノーキーの食べたもんブログ

スノーキーの食べたもんブログ Top > スポンサー広告 > ペナン島 ザシップ THE SHIPスノーキーの食べたもんブログ Top > ペナン島で食べたもん > ペナン島 ザシップ THE SHIP

【スノーキーのブログ】

LINEスタンプ

プロフィール

最新記事

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウザい関西弁のLINEスタンプ「関西弁の小手川兄さん」シリーズ。



--/--/--(--) スポンサー広告

ペナン島 ザシップ THE SHIP

4泊5日のペナン島旅行のペナン島4日目に食べたもん。
この日に行ったパトゥ・フェリンギ地区のあまりの海の汚さに、
ビーチでゴロゴロすることを断念して
タクシーを拾おうと歩いていたら発見したお店「ザシップ(THE SHIP)」。

なんと、昨日の「カピタンズ」同様「ぐるなび海外版」に掲載されていて、
さらに「地球の歩き方 リゾート」にも載っていたお店。



友達と行こうかと話していたお店だったので、急遽、ランチはここでいただくことに。

多分、ペナン島に行こうかと思って、このブログを訪れた人は、
外観・店内の雰囲気を見たら行きたくなると思う・・・かも?

ザシップ外観

看板はこんな感じ。けっこう凝ってます。
さらに・・・お店の外観は

ザシップ外観2

船の形をしているんです!なので「ザシップ(THE SHIP)」。

店内の雰囲気も良いですよ(^^)v

ザシップ店内

ザシップ店内2

俺たちは、たまたまランチタイムに行くことになったから、
Tシャツに短パンやったけど、ディナータイムは、軽装では浮くかも?

俺が頼んだのは、48RMのT-ボーンステーキ!
サーティ・トゥー THIRTY TWO」に行った時の肉のパサパサ感を
残念に思っていたので、脂の乗っていそうなこのステーキを選びました(^^)

あと、肉好きの俺が勝手に思っていることですが
肉は骨の周りが一番上手い!!!
過去にスペアリブカレー(レシピはこの記事)などを作っているのはその理由から。
カレーに鶏肉を使う時は必ず手羽先や手羽元を使います。

おっと・・・話はそれましたが、このT-ボーンステーキ、
前菜のサラダやパンも付いています。

まず、サラダが運ばれてきました。

ザシップ サラダ

先日の「サーティ・トゥー THIRTY TWO」と違って、
マヨネーズかドレッシングか選べたので、迷わずマヨネーズを。
手作りっぽいマヨネーズのお味は、塩分控えめで、サラダも普通でした。

続いて、パン。

ザシップ パン

このブログでは「パリーネの食パン(この記事)」「HOKUO(北欧)の食パン(この記事)など、
食パンについて書かせていただいてますが、感想は難しいよ~(*_*)
今回も、普通のロールパンとしか、表現しようがない特徴のない味(笑)

そんなことを考えていたら、やっと来ましたメインディッシュ!

ザシップ T-ボーンステーキ

英語でポテトに何かトッピングしたそうにしていたので、してもらいました(^o^)

ザシップ T-ボーンステーキ2

で、お肉をいただいた感想は・・・ジューシーで美味しい!!!
俺は肉はヒレより、
カルビなど骨に近い脂っこくてスジっぽい部位が好きなので大満足。
(牛スジポン酢の作り方はこちら)

友達は確か78RMの
期間限定の海老のついたステーキセットを注文したのでこんな帽子をもらっていました。

ザシップ帽子

さらに、友達のセットはスイーツ付。

ザシップ スイーツ

気を利かせて、スプーンを二つ付けてくれました。
一口いただきましたが、中は温かいクリームで美味しかったですよ!

店員さんのサービス・接客態度が良かったので、
サービス料とは別にチップを置いて帰りました。

T-ボーンステーキ48RM。カロリー不明。
いよいよ、この旅も終わりに近づいていますね・・・。続きはこちら

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ←ブログ村ランキングに参加していますm(__)m

ブログランキング
←人気ブログランキングにも参加していますm(__)m

大阪・難波のタイ料理のファーストフード店についてはこちら
関連記事


ウザい関西弁のLINEスタンプ「関西弁の小手川兄さん」シリーズ。




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トリプルパン

FX業者比較

QRコード

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

忍者アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。